ISO 9001 知っておくべき基礎知識。

知っておきたいISO9001の基礎知識
ISO9001

知っておきたいISO9001の基本

ソーシャルメディアで共有する

ISO 9001は、世界中で最もよく知られた品質マネジメントシステム規格の1つです。しかし、認証プロセスを受けるには、ISO 9001の基本を十分に理解する必要があります。

品質マネジメントシステムの重要性と ISO9001

品質 マネジメント システム(QMS)とは、品質目標を認識するためのプロセス、人、機械、方針、責任、およびその他の資源の集合体です。また、さまざまなビジネス原則を決定し、測定し、改善します。このようにして、組織は全体目標に沿った意図した成果を達成することができるのです。

ISO9001は、製造業を中心としたあらゆる分野の品質マネジメントシステムの世界標準規格です。

組織は、このよく整備されたプラットフォームを利用して、揺るぎない品質管理を実行します。したがって、ISO 9001は継続的な改善を確立し、その結果、リーダーシップの向上、従業員の生産性の向上、そして顧客の満足をもたらします。

ISO9001とは?

ISO9001は、品質マネジメントシステムの規格で、組織が効率と効果を向上させるために従うべきガイドラインを定めたものです。この規格は、国際標準化機構(ISO)によって発行され、1987年に初めて発行された。

ISO9001のメリットは何ですか?

ISO9001品質マネジメントシステムを導入することで、効率性の向上、顧客満足度の向上、コスト削減など、多くのメリットがあります。

ISO9001の要求事項とは?

ISO9001の要求事項は、"上位構造 "と "詳細要求事項 "の2つに分けられます。上位構造は、規模や種類に関係なく、どのような組織でも使用できる一般的な枠組みを提供するものです。詳細要求事項は、品質マネジメントシステムに特有のもので、組織が認証を取得するために満たさなければならないものである。

ISO9001を導入するにはどうしたらいいですか?

ISO9001の運用を開始するために必要なことがいくつかあります。まず、品質マネジメントシステムの範囲を特定する必要があります。これには、どのプロセスをシステムの対象とするか、どのような製品またはサービスのカテゴリーを含めるかを決定することが含まれます。適用範囲が決まったら、ISO9001の要求事項を満たす方針と手順を策定する必要があります。最後に、システムを実施し、そのパフォーマンスを定期的に監視する必要があります。

ISO9001導入時のよくある失敗例とは?

ISO9001導入時の最も一般的な失敗の1つは、明確な目的および目標を設定しなかったことです。これがなければ、システムのパフォーマンスを測定し、改善が必要な領域を特定することが難しくなります。さらに、多くの組織が、ISO 9001は1回限りのプロジェクトであると考え違いをしています。実際には、継続的な努力とコミットメントを必要とする、進行中の旅なのです。

ISO9001認証取得を検討すべき理由

取得する ISO9001認証取得の意味 国際的な品質認定を取得することです。これにより、企業は製品品質の向上、スタッフのコンプライアンス向上、収益の増加、顧客満足度の向上を実現することができるのです。

- 顧客は通常、購入する商品とサービスが最高の品質管理を経ているという保証を求めます。ISO9001は、組織の商品とサービスにより大きな信頼を与えることで、最も身近な保証の形となるのです。

- ISO9001は、自社の製品やサービスが顧客の品質要求を満たすべきであると認識している企業のためのものです。高品質のサービスを通じて顧客満足を提供することが不可欠です。

- 社員が一丸となって認証取得に取り組むことで、長期的には業務の効率化につながります。

- 認証を取得することで、新たな市場を開拓することができます。

ISO9001の8つの基本

8つの ISO9001の基本は品質で設計されています。 この原則は、組織が商品の品質を確保し、顧客価値を創造することを可能にします。これらは、世界的に認められたさまざまなルール、価値観、規範に基づいています。

1.顧客中心であること。

品質マネジメントシステムは、顧客の期待に応え、それを超えることに重点を置いています。ISO 9001は、新規顧客を獲得し、忠実な顧客に変える組織の能力を向上させます。

重要なのは、組織が自分たちを適用することです。 ISO9001 製品・サービスを戦略的に構築し、育成し、提供するためのQMS。顧客が何を必要としているかを理解している組織は、顧客の期待に応え、満足のいく顧客サービスを提供することができます。

2.すべてのレベルのリーダーは、統一された方向性と目標を確保する必要があります。

真のリーダーは、社員がやるべきことを理解し、統一された方向性で達成できるような職場風土をつくります。社員が集団の目的を理解すれば、自ら仕事を始め、リーダーは指示や命令をする必要がありません。

リーダーが模範となり、従業員に信頼される労働倫理を育むよう促すこと。また、品質目標を達成するために、コミュニケーションや調整方法を改善しなければなりません。

3.生産性の高い従業員を巻き込んでケアする。

ISO9001の最も重要な基本事項の1つは、人材が企業の最も重要な資産であることから、人材の参画です。これには、従業員を個人として尊重し、定期的に交流し、従業員の貢献を認め、従業員の専門的・個人的な能力開発を向上させることが含まれます。

エンゲージメントのある社員は、より信頼され、有能になり、価値と優れたサービスを提供する力を持つようになります。従業員のエンゲージメントは、モチベーションの向上と卓越したアウトプットをもたらします。

ISO 9001 ダウンロード

4.関係するパートナーとの有益なコネクションを確立する。

成功する組織は、重要なパートナーとのネットワークを形成し、サプライチェーンの最適化に役立てています。このパートナーシップは、顧客、再販業者、サプライヤー、従業員、投資家、利害関係者、そして地域社会を中心に展開される。

関係者を大切にする企業は、サプライチェーンに連続性を持たせることができます。また、関係性は組織のパフォーマンスやコストにも影響します。

5.改善を楽観視すること。

成功する組織は、改善に関して前向きな考えを持っています。継続的な改善を重視することで、新しい市場の状況に適応することができるのです。

リーダーは、革新的なプロセス、製品、サービスを改善するための手当を組み込まなければならない。例えば、企業はそのプロセスにテクノロジーを活用します。技術の進化や陳腐化を防ぐために、あらゆるレベルの従業員が新しい手法やツールの使い方について適切なトレーニングを受けなければなりません。

6.意思決定には根拠を用いる。

意思決定は、いくつかの貢献と解釈を伴う複雑な手順となることがあります。意思決定者は、安全で信頼できるデータを必要とし、それらはすべて経験豊富な人が適切な方法で評価する必要があります。

意思決定における論理的かつ事実に基づいたアプローチは、情報に基づいた選択を生み出します。正確な情報とデータ分析により、客観的で自信に満ちた意思決定が行われます。

7.プロセスアプローチを理解する。

目標を達成するためには、リーダー、社員、機械などの個々の活動が必要なプロセスである。組織の各メンバーは、それぞれの活動をまとめて管理し、一つのまとまったシステムを形成することを理解しなければなりません。

プロセスアプローチは、一貫した予測可能な結果を達成するのに役立ちます。また、継続的な改善と重要なプロセスに努力を集中させることで、人々の能力を向上させることができます。

8.システムアプローチを開始する。

プロセスアプローチは、システムアプローチの一部である。相互に関連するプロセスを調査、理解、処理することで、組織の目的達成の効率性と有効性の向上に寄与する理解しやすい構造を作り上げる。

ISO 9001の基本を知ることは、ISO 9001ベースのQMSが必要かどうかを判断する上で不可欠な最初のステップです。しかし、あなたの組織は、まず上級管理者の承認を得て、組織がこの規格を導入したい理由を明らかにする必要があります。


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。

ISO9001の導入方法 決定版

の決定版です。

ISO9001 2015の導入方法について

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。