ISO/IEC 17025:2005 管理要求事項(3部)。

ISO IEC 17025 2005 管理要求事項
ISO 17025

ISO/IEC 17025:2005 管理要求事項(3部構成)

ソーシャルメディアで共有する

ISO IEC 17025 2005 管理要求事項

ISO/IEC 17025:2005は、試験所の能力に関する一般要求事項を規定しています。.残りのISO/IEC 17025:2005の管理要求事項については、この記事で解説しています。  

この国際品質規格は、要員の数に関係なく、実験室活動を行うすべての組織に適用されます。

ISO 17025:2005の管理要求事項に関する過去2回のブログ。 そして、この最終章では、残りの管理要件を表示し、皆様にご確認いただきます。

残りのISO/IEC 17025:2005 管理要求事項 は以下の通りです。 

予防的措置

次章の目的は、潜在的な不適合の発生可能性を低減することである。

  • A 手続きを行う必要があります 潜在的な不適合の原因を特定し、将来的な不適合防止のための予防措置を定義すること。
  • があります。 効果・実績 予防処置の 監視下評価できる.

記録の管理

ここでは、「一意に識別する」「必要な時に利用する」「不正なアクセスから保護し、閲覧や変更を可能にする」というプロセスを説明します。

  • 実験記録の特定、収集、索引付け、保管、回収、廃棄について、適切なプロセスが確立されていなければならない。
  • 記録の保管中は、記録のセキュリティ、機密性、品質、完全性を適切に維持する必要があります。
  • 元の観測結果と最終的な結果を追跡できるような処理パラメータとともに、元の観測結果を適切に保持する必要があります。
  • があるはずです。 電子記録の保護とバックアップ、および不正アクセスを防止するための手順.
  • 間違った記録は修正することができます。元の記録は消しておくべきだが、まだ見えているはずだ。
  • オリジナルの記録はシステムによって上書きされるべきではなく、修正された記録はオリジナルの記録と一緒に記録されなければならない。

内部監査

の項を参照。 内部監査 品質システムの継続的な改善を支援します。レッツ 内情を知る ISO/IEC 17025:2005の審査章。

  • があるはずです。 手続き であり スケジュール 内部監査のためのもの。検査室全体と品質システムの全要素をある特定の時期に対象とすることも、いくつかの小項目に分割して対象とすることもできます。
  • 品質システムの各要素と検査室の各セクションは、毎年監査する必要があります。
  • 監査プログラム全体は、品質管理者が適切に管理する必要があります。
  • 校正結果および試験の品質に関する監査結果に関連した顧客への報告書を提供する必要がある。
  • 監査計画の有効性を監視する必要がある。

マネジメントレビュー

品質システム、方針、校正・試験システムの継続的な適合性と有効性については、本章で説明します。

  • A 定期的なマネジメントレビューの実施手順.
  • マネジメントレビューでは、以下の点について議論する必要があります。 最近の是正措置および予防措置の結果、内部監査および外部評価、技能試験の結果、ならびに改善のためのその他の提言。.
  • フォローアップ活動は、経営陣が決定し、後でその有効性を監視する必要があります。

つまり、これがマネジメントの完全なセットです ISO/IECの要求事項 17025:2005.

QSE Academyにご連絡いただければ、ISO 17025:2005の文書パッケージとオフサイトコンサルティングをベストプライスで効果的にご提供します。


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。

無料の電子書籍はこちら

ISO 17025 2017 新改訂版

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。