How to write quality manual according to iso 9001 2015?</trp-post-container

品質マニュアル
ISO9001

ISO 9001 2015に準拠した品質マニュアルの書き方とは?

ソーシャルメディアで共有する

品質マニュアル ISO 9001:2015

品質マニュアルは、企業が品質マネジメントシステム内のプロセスをどのように運用し、実行するかを説明する文書です。品質マニュアルには、高品質な製品を生産し、消費者や顧客満足度を高めるために必要な、ビジネスのあらゆる側面に関する方針が記載されている場合があります。 ISOの要求事項。 この規定は、品質マニュアルに定められたパラメータの範囲内で、自部門の担当者がどのように業務を遂行するかを定めたものです。

他の多くのISO9001ベースの品質マネジメントシステム規格は、依然として品質マニュアルの使用を必要としています。規格で要求されている場合は、品質マニュアルを手元に置いておく必要があります。

品質マニュアルの目的は、自社の業務プロセスの参考とすることです。 高品質の製品を提供し、消費者の要望に応え、ISO規格を遵守する能力に影響を与える企業の方針は、すべてマニュアルに詳述することが可能です。このマニュアルは、各部門の責任者が手順を実行する際に従うべき制限や基準の概要を示すために使用することができます。

品質マニュアルは、ISO品質マネジメントシステムを導入する企業にとって、システム内の日々の活動に対する意図を確立するための重要なツールです。品質マニュアルは、チームのパフォーマンスと製品の品質に対する期待を確立するものです。

ISO9001品質マニュアルの記載事項

1)品質マネジメントシステムの適用範囲。 この範囲は、システムの境界を定義するために設定され、レジストラと合意した範囲に含めるためのものである。 ISO9001 証明書、これはあなたの会社が何をするかについての記述である。適用範囲の要求の第2段階は、規格に除外項目があるかどうかを判断することです。多くの場合、品質マニュアルには何も規定されていませんが、ISO9001では、機械工場のように顧客の図面だけで作業し、商品の設計を一切行わない組織では、「設計と開発」が必要とされており、これが最も典型的な除外事項です。

2) 品質マネジメントシステムのプロセス(または参照事項)を文書化したもの。 手順書、ポリシー、チェックリスト、フォームまたは回路図、図面、フローチャート、ダイアグラム、コンピュータシステムなど、何らかの形で書かれたり、取り込まれたりしたものを "ドキュメント" と呼びます。

における「文書化された情報」という言葉。 ISO9001 とは、品質システムがどのように機能すべきかを定義し示す「文書」(フローチャート、手順書、方針、チェックリストなど)と、何を行ったかを示す「記録」(文書)の両方を指します。

ISO9001の認証を取得するためには、システムを文書化する必要があります。 なぜなら、この規格では、特定の情報を文書化することが要求されているからです。

手順書、フローチャート、チェックリスト、フォーム、コンピュータシステム、その他、あなたの会社で機能する手段や形式はすべて、物事の進め方を規定するものでなければなりません。しかし、従わなければならない決まった手順があるわけではありません。良いマニュアルもありません。多くの人が気づいていないのは、論文の見た目、使用するフォーマットや構造、そしてその中に含める内容については、あなたが完全にコントロールできるということです。これらの条件を満たしている限り、です。チェックリストやフローチャート、イントラネット、Wiki、ITシステムに組み込まれたワークフローなど、1つまたは複数の形式を利用することができます。イントラネット、オンライン、インターネット、Wikiなど、紙でもフレキシブルでも、どのような媒体でも活用することができます。

品質マニュアル」は、最もよく活用された戦略の一つでした。そして、やろうと思えば、今でもできるのです。紙のコピーでも、ウェブページやヘルプファイル、コンピューターシステムなどの電子的なコピーでもいい。 シンプルでユーザーフレンドリーなものから、官僚的で長く、読みにくいものまで、さまざまなスタイルで書くことができます。そして、このようなハンドブックは、あなたのシステムのための唯一の文書かもしれないし、多くの文書のうちの一つかもしれません。あるいは、その中間のようなものです。

3) プロセスの相互作用の説明。 最もシンプルな方法は、組織のすべてのプロセスを特定し、それらのプロセスがどのように関連しているかを矢印で示したフローチャートを活用することである。フローチャートを徹底的に見れば、ビジネスのプロセス間の相互作用がよりよく理解できるかもしれないが、ほとんどの人は、シンプルでハイレベルなフローチャートだけで基本を理解することができる。

品質ハンドブックの内容は、主にISO 9001:2015ユーザーのプロセスに依存し、完全にあなた次第です。 QMSの目的、活動、結果をISOに証明する必要があります。QMSをどのようにまとめるかを決定する際に、最も重視するのは、QMSの目的、活動、結果であることを確認することです。 品質マニュアル と何を入れるかは、入れたポリシーが実際の実務を表しているかどうかを確認することです。

品質マニュアルは、企業の品質方針と手順を概説する重要な文書です。よくできた品質マニュアルは、企業が品質マネジメントシステム(QMS)を効果的に実施し、維持するために役立ちます。

品質マニュアルを作成する際には、いくつかのポイントがあります。

1.品質マニュアルは、明確で理解しやすいものでなければならない。

2.品質マニュアルは、自社の品質マネジメントシステムに特化したものであることが望ましい。

3.品質マニュアルは定期的に見直し、更新する必要がある。

4.品質マニュアルは、全従業員がアクセスできるようにする必要があります。

5.品質マニュアルは、全従業員が遵守すべきものである。

これらのポイントを押さえることで、品質マニュアルを自社の品質マネジメントシステムの有効なツールとして活用することができます。


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ISO9001の導入方法 決定版

の決定版です。

ISO9001 2015の導入方法について

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。