10 Simple Steps to ISO 9001 Certification</trp-post-container

ISO9001認証取得のための10の簡単なステップ
ISO9001

ISO9001認証取得のための10の簡単なステップ

ISO 9001の認証を求めることは、そのプロセスのために圧倒されるかもしれません。しかし、あなたの組織がISO 9001をよく理解していれば、それほど複雑である必要はないのです。次の部分は、次のようになります。 ISO9001への簡単なステップ

ISOのマネジメント規格は、以下のように設計されています。 ジェネリック有縁 まで 大小さまざまなセクター.組織の製品やサービスに関係なく、この規格は優れた管理教育のための構造を提供します。ISO 9001は、組織の有効性に焦点を合わせていることを忘れないでください。 プロセスおよびサービスの提供.

ISO 9001認証取得は、製品やサービスの品質を向上させる素晴らしい方法となり得ます。また、より効率的かつ組織的になり、顧客満足度を向上させることができます。ISO 9001認証を取得するためには、いくつかのステップを踏む必要があります。ここでは、そのための10の簡単なステップをご紹介します。

ステップ1:キードライバーの特定

トップマネジメントが正式に組織の見直しを行うことが望ましい。 品質マネジメントシステムを実施するためのキードライバー。 これらの要素には、明確なものが含まれている必要があります。 クライアント要件 認知度向上 重要なプロセスのパフォーマンスと、継続的な改善の必要性を示しています。

導入の理由が組織の事業計画や戦略に合致しているかどうかを判断する。QMSは、組織が達成したい成果を明示する上で、簡潔な枠組みとして機能します。この実践的でプロセスベースの手法は、改善の良いきっかけになります。

ステップ2:規格を取得する。

あなたの組織は 規格書を購入する. 特定の業界に関連するISO 9001に関する知識を得るために、調査に時間を割くこと。国際標準化機構のハンドブックやインターネット上の記事など、いくつかの情報源を利用できます。

組織として、事実と神話を区別できるようにしてください。例えば、IS0 9001は製造業だけでなく、あらゆる分野の品質マネジメントシステムの世界標準規格です。一方、ISO 9001:2015は、その最新版です。

ステップ3:戦略を設計する。

ゴールとアクションが戦略を構成するということです。 トップマネジメント でなければならない コミットメント済み を使用することで、品質マネジメントシステムを成功裏に実施することができます。 ISO9001の要求事項に基づく品質方針と目標の正式な文書化は不可欠なステップである.

戦略的 企図 なければならない 考える 組織の運営とセキュリティのあり方 品質方針 の要件を満たしている必要があります。また、無限の改善を実現するために、アクセス可能でなければなりません。この戦略は、品質を管理し、達成し、維持するための集団的努力をするために、すべての従業員に効果的に伝達されなければなりません。

ISO 9001 ダウンロード

ステップ4:品質マネジメントシステム構築のためのリソースを割り当てる。

内部 品質管理者 は、すべての責任を遂行する必要はありません。組織は、すべての責任とタスクが共有されていることを保証しなければなりません。 すべてのレベルの中で などのリソースを提供する必要があります。 予算 と課す。 現実的なタイムライン.正式な プロジェクト計画 は、ニーズを把握し、実装を進めるための賢明な方法ですが じゃない は、ISO9001の実際の要求事項です。

さらに、コンサルタントを雇うことは、システム開発を支援する上で費用対効果の高い方法です。独立した立場のコンサルタントがアドバイスをするのですから、あなたの組織をトータルに認識し、理解していることが必要です。

ステップ5: プロセスを理解する。

IS0 9001は、組織に対して以下のことを義務付けています。 プロセス間の相互作用を記述する マネジメントシステム内のシンプルな プロセスマップ を組織に指定することで、これを取得することができます。顧客の要求事項を満たすために不可欠なリソース、主要プロセス、コントロール、記録、文書などを示す必要があります。

プロセスマップは、組織全体で検証し、以下のことを確認する必要があります。 相互作用や領域が省かれることはない.システムの発展に合わせて使用し、見直す必要がある。このようにして、プロセスマップは、結果的に品質マニュアルに含まれるまで更新することができる。

ステップ6:簡潔なトレーニングプログラムに投資する。

ISO9001では、適切な識別を行うことが求められています。 能力要件 QMS の適用範囲に含まれるスタッフのためのものです。従業員、チームリーダー、内部監査員は、能力の要件を満たすために、さまざまなセミナー、ワークショップ、再教育コースを受ける必要があります。

これには、時には外部トレーニングも含まれる。外部トレーニングは、実行プロセスを支援するための保証と本物のスキルを提供することができる。また、組織は、トレーニングの効果を実証する方法を定義する必要があります。

ステップ7:広範なマネジメントシステムのドキュメントを作成する.

あなたの組織は、大量のファイルや不要な書類を用意する必要はないのです。

手順書、記録、方針、作業指示書、社内マニュアルなどの管理された文書化は、もう一つの要件です。 ISO9001.ドキュメントは、組織の運営とプロセスの一貫性の明確な枠組みを与えることを目的としています。

QMSの文書は、効率性を示す文書や組織に適用されるプロセスを作成する文書に焦点を当てる必要があります。これは、目的や目標を達成するためのより良い証拠となります。

ステップ8:品質マネジメントシステムを実行する。

内部監査 の適切な実施を定期的に測定し、記録する必要があります。 品質マネジメントシステムの要求事項.効率性、継続性、妥当性を保証するために、マネジメントレビューの実施を推奨します。

マネジメントレビューは、ISOマネジメントシステムの効果的な適用を証明するための重要な側面です。また、ISO9001の施行段階においては、企業単位の評価も有効です。

組織が供給しなければならない 詳細なチェックリストとポジション別の作業指示書.同様に、予防と 是正措置 を決定し、改善し、記録する必要があります。

なぜ、組織が目指すのかを社員に伝える 認証手順、スケジュール、利点などを含む。適切な説明は、全社的な目標を達成し、一貫した努力を保証します。導入の成功には、コミュニケーションと賛同が不可欠です。

ステップ9:事前監査とギャップ解析の実施.

を考えてみましょう。 任意の段階での事前評価監査.さらに、認証機関 ギャップ分析レポート は、あなたの組織がすでにどのISO 9001の要求事項を満たしているかを確認します。組織の現在のプロセスと規格の要求事項との間に存在するギャップは、プロジェクト計画を作成する際に役立ちます。

さらに、監査では、セミナーやトレーニングが適用されているかどうかを監視する必要があります。これにより、スケジュールを見積もり、実際の認証取得日を設定することができるようになります。

ステップ10:認定を受ける。  

を選択することは、組織にとって大きな意味を持ちます。 国家公認認証機関 マネジメントシステムを審査するために認証機関は、あなたのマネジメントシステムがISOの要求事項に適合しているかどうかを判断します。

初回認証は 二段構え. 第一段階は、組織の本社で行われているプロセスのレビューです。その目的は、そのプロセスがISOマネジメントシステムの要求事項を満たしているかどうかを確認することです。

第二次審査合格後、認定証が授与されます。その 立入検査 は、あなたの組織が独自のプロセスに従っていることを確認する必要があります。

したがって、組織に付加価値を与えることができるため、組織が選択した認証機関と早期に対話し、前向きに計画することが極めて重要です。また、組織のプロセスを継続的に改善する上でも役立ちます。

最終注意事項

ISO9001品質マネジメントシステム は、組織のパフォーマンスを最大化し、継続的な発展を確保することを目的としています。

一見、複雑なプロセスに見えますが、ISO 9001 QMSを導入する際に、従業員とプロセスを準備することで、より簡単にすることができます。あなたの組織が ISO9001認証取得また、認証維持のため、日々の業務にQMSを適用し、必要に応じてQMSを改善する必要があります。

ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ISO9001の導入方法 決定版

の決定版です。

ISO9001 2015の導入方法について

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。