Quality Management Systems : Everything You Need to Know.

品質マネジメントシステム 知っておくべきこと
ISO9001

品質マネジメントシステム:知っておくべきこと

ソーシャルメディアで共有する

ISO9001 を識別するための世界標準規格です。 要件 品質マネジメントシステム (QMS)を導入しています。

組織が使用する ISO9001 規制や顧客要求事項を満たす製品やサービスを確実に提供する能力を示すために。

ISO9000シリーズの中で最も普及している規格であることはもちろん、ISO9001は同シリーズで唯一認証が可能な規格である。

組織における品質管理では、品質マネジメントシステム(QMS)が不可欠です。QMSは、組織がその製品やサービスを最高レベルの品質に適合させるために用いる一連の方針、プロセス、手順です。

組織は、製品およびサービスの品質を管理・統制するために QMS を使用しています。QMSは、組織が問題を特定し、修正し、効率を向上させ、エラーが発生するのを未然に防ぐのに役立っています。

QMSを組織に導入することには、多くの利点があります。これらの利点のいくつかを紹介します。

- 製品の品質向上

- コスト削減

- 顧客満足度の向上

- 評価の向上

- 従業員のモラルとモチベーションの向上

品質マネジメントシステムは、高品質の製品・サービスを提供するために必要不可欠なものです。QMSについてもっと知りたい、QMSが組織にどのような利益をもたらすのか知りたいという方は、ぜひご一読ください。

品質マネジメントシステム(QMS)とは何ですか?

品質マネジメントシステム(QMS)とは、組織がその製品やサービスを最高レベルの品質に適合させるために用いる一連の方針、プロセス、手順のことである。

組織は、製品およびサービスの品質を管理・統制するために QMS を使用しています。QMSは、組織が問題を特定し、修正し、効率を向上させ、エラーが発生するのを未然に防ぐのに役立っています。

ISO 9001タイムライン

1980 - 技術委員会176の創設

1987 - があります。 国際標準化機構 (160カ国以上の国家標準機関からなる世界的な機関であるISO(国際標準化機構)が、初めてISO9001を発行しました。

1994 - 最初の小改訂で、設計・開発条項の管理性を向上させた。また、ISO9002と9003の役割も若干修正された。

2000 - 初の大幅改訂。

2008 - ISO9001:2000の適用で出てきた問題点を明確にするために、2度目のマイナーチェンジを行った。

2015 - 2回目の大きな改訂で、現在のバージョンになりました。

ISO 9001:2015品質マネジメントシステム改訂の活用について

ISO 9001:2015は、業種や規模を問わず、あらゆる組織に適用されます。

世界160カ国、100万以上の組織が導入しています。 ISO9001規格要求事項 を、自社のQMSに組み込んでいます。

品質マネジメントシステムは、プロセスを整理し、プロセスの習熟度を向上させ、ビジネス全体を継続的に改善するのに役立ちます。

QSEアカデミーは、ISO9001を使用している組織に対して、できるだけ早くISO9001:2015に移行するように促しています。

国際認定機関フォーラム(IAF)とISO適合性評価委員会(CASCO)は、以下のことに合意した。 3年間の移行期間 ISO9001:2015の発行日から。

なお、2018年9月14日時点で、現在ISO 9001:2008に登録されている組織は、2015年規格に移行しているはずです。これには、他者の認証やトレーニングに携わる組織も含まれます。

したがって、組織は規格のコピーを購入する必要があります。

ISO 9001:2008からISO 9001:2015への移行に関する組織の指針として、国際認定機関フォーラム(IAF)の移行計画をダウンロードしてください。

QSEアカデミーでは、移行を支援するためのオフショアコンサルティングやツールキットも提供しています。

ISO 9001:2015品質マネジメントシステムの適用範囲

ISO9001は、以下の点を基本としています。 プラン・ドゥ・チェック・アクション・アジャストメント方式. また、組織の効果的な品質マネジメントを確保するために必要な構造、手順、責任を検討し、文書化するためのプロセス指向のアプローチを提供しています。規格の特定の部分には、次のような多くのトピックに関するデータが封入されています。

  • 品質マネジメントシステムの要求事項。 文書化された情報、計画、プロセスの相互作用の定義など。
  • 経営者の責任
  • リソースの管理組織の労働環境、人材など。
  • 製品の実現。 と、設計から納品までのステップをご紹介します。
  • 測定、検査 内部監査、是正措置、予防措置を用いて、品質マネジメントシステムの改善を行っています。

ISO9001:2015の変更点

ISO9001:2015版の更新は、ISO9001が組織の環境の変化に適応し続けることを目的としています。

の紹介も含まれています。 の用語の変更と、一部情報の改編を行いました。

にも重点が置かれています。 リスクベース発想 を高める プロセスアプローチの適用

さらに、今回の改訂で改善されたのは リーダー要件 とサービスに対する適用性を高めています。

ISO9001:2015のメリット

            ISO 9001:2015は、組織を支援します。

  • お客さまに常に情報を提供することを保証します。 高品質な製品・サービス
  • 以下のような利点があります。 従業員、経営者、そしてお客様が満足していること。
  • を組織し、実施する。 品質マネジメントシステム
  • 一貫して プロセスの改善
  • 実際の支出を節約し コスト回避
  • システムを成功に導く3つの重要な要素を駆動する。 効率、トレーニング、コミュニケーション

ISO9001 品質マネジメントシステム 認証取得のプロセスおよび利点

セキュアリング ISO 9001:2015 品質マネジメントシステム 認証は、組織が証明したことを意味します。

  • 自らの要求を満たすこと。
  • ISO9001規格のガイドラインに従う。
  • 顧客要求事項、および規制・法令上の要求事項を満たしていること。
  • ドキュメントの整備

ISO9001認証取得 組織の信頼性を高める その商品とサービスがお客様の期待に応えていることを示すことで

分野によっては、認証取得が必須であったり、法的に義務付けられている場合もあります。認証プロセスでは、以下を実施します。 ISO9001:2015の要求事項.また、完成させることも含まれます。 とうろくしゃかんさ, また、組織がこれらの要求事項を満たしていることを確認するために、「ColorNavigator(カラーNavigator)」と名付けた。

を準備する際には、次のことを考慮してください。 ISO 9001 品質マネジメントシステム の認証が必要です。

  • ISO9001の要求事項に対する現在の適合性レベル。
  • ISO9001の開発および実施に専念しているリソースの量。
  • ISO9001の登録、サーベイランス、再認証審査にかかる登録機関の費用。
  • コンサルタントのサポートを受ける場合の関連費用。

ISO9001規格トレーニングおよび機会

トレーニングでは、ISO 9001:2015規格を分析し、品質マネジメントの原則を適用する機会を提供します。

ISO 9000、ISO 9001、品質マネジメントシステムのトレーニングコースを受講できるのは誰ですか?

  1. プロフェッショナルは、開発、管理を担当します。 ISO品質マネジメントシステムの導入と監査.
  2. ISO 9001に基づく品質マネジメントシステムの更新に意欲的な品質専門家。
  3. 常に向上心を持ち続けている社員
  4. 社員のパフォーマンスを向上させたい組織

この詳細な記事は、ISO 9001:2015への移行を案内することを目的としています。ISO 9001:2015があなたの組織、従業員、および顧客にもたらす可能性のある利点を理解した今、QSE Academyの批判的に設計されたパッケージを使用して、プロセスと実装を行う時が来ました。


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。

ISO9001の導入方法 決定版

の決定版です。

ISO9001 2015の導入方法について

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。