FSSC 22000 V5.1: 品質管理者の必須要件の解明

FSSC 22000。話し合う男性と女性。
食の安全 / FSSC 22000

FSSC 22000 V5.1: 品質管理者の必須要件の解明

品質マネージャーまたは事業主として、食品安全基準に遅れずについていくことは最優先事項です。世界的に認知されている食品安全認証である FSSC 22000 V5.1 は、組織の食品安全慣行を大幅に改善できる標準の 1 つです。このブログ投稿では、FSSC 22000 V5.1 の主要な要件について説明し、品質管理者とビジネス オーナーの両方に貴重な洞察を提供します。飛び込みましょう!

FSSC 22000 V5.1 フレームワークを理解する

FSSC 22000 V5.1 は、次の 3 つの必須コンポーネントに基づいて構築されています。

ISO 22000:2018

この国際規格は、食品サプライチェーン全体をカバーする食品安全管理システム (FSMS) の要件を概説しています。

セクター固有の前提条件プログラム (PRP)

これらのプログラムは、フードチェーン全体で衛生的な環境を維持するために必要な基本的な条件と活動に取り組んでいます。

FSSC 22000 追加要件

これらの追加要件は、サービスの管理、製品表示、食品防御など、認証スキームの堅牢性を高めます。

品質管理者の主な要件

FSSC 22000 V5.1 の重要な側面のうち、品質管理者が実装中に注意を払う必要があるものをいくつか見ていきましょう。

リスクベースのアプローチ:

FSSC 22000 V5.1 は、食品の安全性に対するリスクベースのアプローチを強調しています。これには、ハザード分析とリスク評価を実行して潜在的なリスクを特定し、適切な管理手段を実施することが含まれます。リスクベースのアプローチをうまく利用した企業の一例は、米国を拠点とするスナックメーカーである XYZ Foods です。生産プロセスにおける危険を特定して管理することで、製品のリコールが大幅に減少し、製品全体の品質が向上しました。

経営陣のコミットメント:

FSSC 22000 V5.1 の実装を成功させるには、リーダーシップが重要な役割を果たします。トップマネジメントは、食品安全ポリシーを確立し、目標を設定し、リソースを割り当てることにより、FSMS へのコミットメントを積極的に示さなければなりません。米国の有名なペストリー チェーンである ABC ベーカリーは、FSSC 22000 V5.1 認証の成功は経営陣の強力なサポートと関与のおかげであると考えています。

能力と認識:

派遣労働者や請負業者を含むすべての人員が有能であり、食品の安全性を維持する上での役割を認識していることを確認することが重要です。これは、定期的なトレーニング、パフォーマンス評価、および効果的なコミュニケーションを通じて達成できます。米国の大手飲料会社である DEF Beverages は、従業員の能力を大幅に向上させ、食品安全事故の可能性を減らす包括的なトレーニング プログラムを実施しました。

サプライヤーおよび外部サービス プロバイダーの管理:

FSSC 22000 V5.1 は、組織がサプライヤーおよび外部サービスプロバイダーに関連する食品安全リスクを評価および管理することを要求しています。これには、食品安全基準への準拠の検証、パフォーマンスの監視、効果的なコミュニケーションの維持が含まれます。米国に本拠を置く乳製品加工業者である GHI Dairy は、製品の安全性を向上させるだけでなく、サプライ チェーンの運用を合理化する堅牢なサプライヤー管理システムを実装しました。

トレーサビリティとリコールの手順:

効果的なトレーサビリティ システムを確立し、明確に定義された製品リコール手順を持つことは、FSSC 22000 V5.1 の重要な要素です。これらのシステムにより、組織はサプライ チェーン全体で製品を追跡し、潜在的な食品安全インシデントに迅速に対応できます。米国を拠点とする冷凍食品販売業者の JKL Frozen Foods は、FSSC 22000 V5.1 の導入後、トレーサビリティとリコールの手順を大幅に改善し、消費者の信頼を高め、製品のリコール コストを削減しました。

検証、検証、および改善:

FSSC 22000 V5.1 では、組織が FSMS を定期的に検証および検証する必要があります。これには、内部および外部監査の実施、食品安全パフォーマンスの監視と測定、および必要に応じた是正措置の実施が含まれます。継続的な改善は標準の基礎であり、FSMS が有効かつ最新であることを保証します。米国に本拠を置く水産物サプライヤーである MNO Seafoods は、包括的な検証および検証システムを実装し、食品安全性能と全体的なプロセス効率を大幅に改善しました。

食品防御と食品偽装防止:

FSSC 22000 V5.1 は、食品の意図的な粗悪品混入 (食品防御) および食品偽装に関連するリスクを評価し、軽減することを組織に要求しています。これらのリスクに対処するための計画を策定して実施することは、製品の完全性を確保するために非常に重要です。米国を拠点とする著名なスパイス輸入業者である PQR Spices は、食品防御計画の実施に成功し、製品の完全性に対する潜在的な脅威を特定して軽減するのに役立ちました。

アレルゲン管理:

適切なアレルゲン管理は、FSSC 22000 V5.1 の重要な要素です。これには、交差汚染を防ぐために、生産プロセス全体でアレルギー物質を特定、分離、および管理することが含まれます。米国を拠点とする菓子メーカーである RST Confections は、アレルゲンの相互汚染のリスクを大幅に低減する堅牢なアレルゲン管理システムを導入し、顧客にとってより安全な製品を提供しています。

危機管理と事業継続:

FSSC 22000 V5.1 は、組織が危機管理と事業継続計画を策定して実施することを要求しています。これらの計画は、組織が食品安全事故やその他の緊急事態に効果的に対応し、回復できるようにするのに役立ちます。米国に本拠を置くスナック会社である UVW Snacks は、包括的な危機管理計画を策定しました。これにより、最近の食品安全事件に迅速かつ効果的に対応し、顧客や事業運営への影響を最小限に抑えることができました。

コミュニケーションと透明性:

FSSC 22000 V5.1 の実装を成功させるには、効果的なコミュニケーションが不可欠です。これには、従業員、サプライヤー、顧客、規制当局など、すべての利害関係者とのオープンで透明なコミュニケーション チャネルを維持することが含まれます。構造化されたコミュニケーション計画を作成することで、すべての関連情報がタイムリーかつ正確に共有されるようになります。米国に本拠を置く有機食品メーカーである STU Organics は、すべての部門と利害関係者の間のシームレスなコラボレーションを促進する強力なコミュニケーション戦略を確立し、その結果、食品安全慣行が改善され、顧客満足度が向上しました。

環境モニタリング:

FSSC 22000 V5.1 では、潜在的な微生物学的危険を評価および管理するために、環境モニタリング プログラムを実施することを組織に要求しています。生産環境、機器、表面を定期的に監視することで、潜在的な汚染源を早期に検出して軽減することができます。米国に本拠を置く職人ベーカリーである VWX ベーカリーは、製品の微生物汚染のリスクを大幅に低減する効果的な環境モニタリング プログラムを実施し、より安全で一貫した製品品質を実現しました。

是正および予防処置:

不適合に対処し、是正および予防措置を実施することは、FSSC 22000 V5.1 の必須要件です。不適合の根本原因を特定し、再発を防止するために適切な措置を講じることにより、組織は食品安全パフォーマンスを継続的に改善できます。米国に本拠を置くアイスクリーム メーカーである YZA Frozen Desserts は、是正および予防措置への積極的なアプローチを採用し、製品の欠陥と顧客の苦情を大幅に削減しました。

法令順守:

関連する食品安全法および規制への準拠は、FSSC 22000 V5.1 の基本的な要件です。組織は、最新の規制要件を常に把握し、食品安全慣行が適用されるすべての法律に準拠していることを確認する必要があります。米国に本拠を置く健康食品会社である BCD Nutrition は、自社製品が常に最高の食品安全基準と法的要件を満たしていることを保証する堅牢な規制順守システムを確立しました。

文書および記録管理:

効果的な FSMS を維持するには、適切な文書と記録の管理が不可欠です。 FSSC 22000 V5.1 は、組織が食品の安全性に関連するすべての文書と記録を管理および保持するためのシステムを確立することを要求しています。米国に本拠を置く生鮮食品の流通業者である EFG Produce は、堅牢な文書および記録管理システムを実装して、すべての重要な食品安全文書に簡単にアクセス、更新、および維持できるようにし、よく整理された効率的な FSMS を確保しました。

FSSC 22000 V5.1 のこれらの追加の側面に焦点を当てることで、品質管理者と事業主は組織の食品安全慣行をさらに強化し、認証を成功させることができます。

今ではあなたの番です!以下のコメントで、FSSC 22000 の実装に関する経験、課題、成功事例を共有してください。一緒に食品安全慣行を改善し、業界にプラスの影響を与えましょう。

ISO 文書作成サービスのサポートが必要な場合は、お気軽に QSE Academy にお問い合わせください。 ISO 食品安全コンサルタントとして 15 年の経験を持つ私は、お客様の組織が FSSC 22000 V5.1 認証を取得するために必要なガイダンスと専門知識を提供できます。

ソーシャルメディアで共有する

??????????

?????????????????????? ? ??????????????

14 + ??? =