ISO/IEC 17025:2017 における報告要件の変更点。

報告要求事項の変更 ISO/IEC 17025:2017 ?
ISO 17025

ISO/IEC 17025:2017における報告要求の変更点

ソーシャルメディアで共有する

研究室では、次のことに注意する必要があります。 t新しい報告義務 ISO/iec 17025:2017が変更されたためです。新しい要件が追加されただけではありません。 しかし、他の要求事項のいくつかは文言が変更されています。これらの変更点を認識する必要がある。

報告要件 ISO/IEC 17025:2017

7.8.1.1項は新規に書き加えられたものであり、リリースする前に読み、確認する必要があります。

サンプリング日が結果の妥当性にとって決定的に重要な場合は、報告書内に記載する必要があります。 これは、2005年版とは対照的です。 サンプリングの結果を同じ報告書内に記録している場合のみ、サンプリング日を報告書に記載することになっていたところ。

7.8.2.1 項では、発行日及び確立された方法からの除外、追加、逸脱の要求事項が要求されるようになった。

これらのことは、研究所が情報を提供するクライアントや外部の関係者がいる場合を除き、報告書に関連するあらゆる情報に対して責任を持つようになったことを意味します。

クライアントから情報を提供されたとき。 このことは、文書に記載するとともに、顧客情報は必ずしも有効ではなく、検査結果に影響を与える可能性があることを免責事項として添付する必要があります。

クライアントがサンプルを提供する場合。 この点にも留意し、結果は提供されたサンプルにのみ依存することを明記する必要があります。

ラボがサンプリング手順を実行すると、その後、報告を実行する責任がある の要件を満たしている必要があります。条項 .8.5 (f)では、サンプリング報告書には、サンプルによる更なる評価または再校正のための試験の再現を可能にする情報が含まれていなければならないとされています。

ISO17025の導入

7.8.6.1 および 7.8.6.2 項では、報告書内で適合性があるべきであるとしている。.決定ルールは、関連するリスクとともに報告書内に記載されるべきである。

適合性の表明は、結果とともに、そうであることを確認する必要があります。, を、仕様(適切に実行されたかどうか)と共に、どのような判断ルールをどのように実行したのか。

7.8.8.1項では、報告書が再発行、変更、修正された場合、次のように記述されています。,変更された情報を記載しなければならない。可能であれば、この変更の理由も記すべきである。

また、報告の方針が変わったことを思い出してください。 また、文言の変更もありました。

ラボは、新しい要件を理解するために時間をかける必要があります。 新しい要求事項のほとんどは、あまり大きな違いはなく、旧来の要求事項に関連するものですが、文言の変更は、マネジメントシステムの実施方法に大きな影響を与える可能性がありますので、注意が必要です。

2017年の新しいシステム要件にアップデートするために、新しい要件を熟知してください。


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。

無料の電子書籍はこちら

ISO 17025 2017 新改訂版

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。