ISO 17025 2017 公正性と機密性をご参照ください。

ISO 17025 2017 公正性・機密性
ISO 17025

ISO 17025 2017 公正性・機密性

ソーシャルメディアで共有する

ISO 17025 2017 公正性・機密性

第4章: 一般要求事項:公平性・機密保持

4.1 公平性

ISO/IEC 17025 2017 における定義 Impartiality は次のとおりである。  プレゼンス きゃっかんせい という注釈があり、さらに「客観性とは、以下のことを意味する」と明確にされています。 利益相反は存在しないまたは、その後の研究所の活動に悪影響を及ぼさないように解決される" 。

試験所や校正機関の場合、Lab の結果は、いかなる関係からも影響を受けることはなく、またそのように見えることもありません。 研究室または研究室活動に関わる人々が顧客と持つ可能性のあるもの。

研究室 また、活動も不当な圧力に影響されることはありません。 その研究室活動を行う関係者に負担を強いている。

保護するために ISO 17025 2017 公平性、研究室はそうでなければならない。

構造を確立する。

圧力を緩和する。

継続的にリスクを特定し、管理する。

リスクは、...........................。

それは活動です。

それは人間関係です。

その担当者の関係。

また、ラボは、それらのリスクを最小化または排除する方法を示す必要があります。.

ISO17025の導入

変更を実行するためのホーム : 

をメモしておくことをお勧めします。 ドキュメント その中で、ニーズに応じて、以下のステップを含むことが望ましい。

- の分析 潜在的な公平性のリスク研究所の活動、その関係、およびその職員の関係から生じるリスクを含む。
- 対策 公平性に関わるリスクを排除または最小化するため
- アクションプラン: 適切なアクションを設計し、実行する
- コミットメント を通じ、研究所の完全性に貢献します。 署名声明 トップマネジメントによる

この分析が必要です。 マネジメントレビューで見直し とし、必要であれば改訂する。

4.2 機密保持

ラボは、次のとおりとする。 主体的 を通して 合法的に 強制可能 曲芸 ラボの活動で得たすべての情報を管理するためのものです。

があります。 顧客に通知する必要がある 研究室が課題に関する情報を一般に公開しようとする場合は、書面にて通知すること。

研究所 また、担当者、プロバイダ、外部担当者などは、機密保持のために署名する必要があります。 宣言.

ISO/IEC 17025:2017のドキュメントパッケージ一式を受け取り、ISO/IEC 17025 2017の導入を簡素化するにはこちらをクリックしてください。


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料の電子書籍はこちら

ISO 17025 2017 新改訂版

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。