The Management Requirements for ISO 17025:2005 - Part 2.

ISO/IEC 17025 2017の要求事項
ISO 17025

ISO 17025:2005の管理要求事項 - Part 2

ソーシャルメディアで共有する

ISO 17025 2005 要求事項

このスレッドの最初のブログで、ISO 17025:2005の重要性、またこの規格の管理要求事項のいくつかをすでに説明しましたので、今回は他の管理要求事項の続きとして、皆様のご了承を得るために紹介します。

マネジメントの最初のセクションを見逃した場合 ISO 17025:2005の要求事項を使えば ここをクリックすると は完全に読んでください。それでは、ISO 17025:2005に要求される他の管理規格から見ていきましょう。

購買サービスおよび消耗品

ISO 17025:2005 の次の章では、第三者によって提供されるサービスや供給品が、どのように検査室業務の品質と有効性に悪影響を及ぼしてはならないかを説明します。

  • 第三者サプライヤーは、供給品とサービスが適切な品質であることを保証するために選定され、正式に評価されなければなりません。
  • 入荷した材料の品質を確認するために、あらかじめ定義された仕様が必要です。
  • 選考・評価プロセスの記録は文書化され、適切に維持されるべきである。

お客さまへのサービス

ラボが継続的に顧客要求を満たすためのプロセスは以下の通りです。

  • 研究所は、顧客とコミュニケーションをとり、満足のいくように要求を明確にし、顧客の意見を聞くべきである。
  • 顧客は、検査室が検査室を監査することを許可されるべきである。
  • 顧客からのフィードバックを継続的に収集するための正式なプログラムを研究所が導入する必要があります。

苦情

ISO17025:2005の「苦情」の章では、顧客からの苦情をどのように文書化し、評価し、十分にフォローアップして、優れた解決策と将来の改善を確保すべきかが記述されています。

  • 顧客から受けた苦情を適切に解決するための方針と手順が必要である。
  • 苦情とそれを解決するために取られたすべてのステップの徹底的な記録は、是正措置や調査の文書化を含めて適切に維持されなければなりません。

試験・校正作業における不適合品の管理

この章では、不適合な試験および校正結果が適切にフォローされ、必要な修正が開始されることを説明します。

  • 結果が手順と一致しない場合に必要な方針とプロセス。
  • 再発防止のための是正措置の一覧表。
  • 不適合業務の重要性の評価。
  • 必要であれば、顧客に通知する必要がある。

継続的な改善

マネジメントシステムの有効性は継続的に改善されるべきであり、本章では以下の内容を記述しています。

  • 改善のための提案は、監査報告書、顧客からの苦情や提案、データの分析、マネジメントレビュー、是正措置や予防措置などから行う必要があります。
  • すべての提案は、時間をかけて集められ、経営陣によって徹底的に見直され、適切なアクションが適宜とられるべきです。

是正措置

ISO 17025:2005 の管理要求事項の次の章では、不適合業務又は試験所及び管理手順からの逸脱の主な原因をどのように特定し、適切な是正処置を選択、実施、文書化及び監視することができるかが記述されています。

  • 是正処置は、顧客からの苦情、不適合試験、内部または外部監査、スタッフによる観察、マネジメントレビューなどを通じて発動されます。
  • 具体的な問題点を解消し、再発を防止するために、是正措置を選択し、実施する必要があります。
  • 不適合の主な原因を特定する必要がある。
  • 是正処置の有効性と結果を監視し、評価する必要がある。

ISO 17025 2017要求事項の最終改訂版は、以下の通りです。 ここで読む.


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料の電子書籍はこちら

ISO 17025 2017 新改訂版

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。