ISO 9001チェックリストを監査するにはどうすればよいですか.

ISO 9001 FAQ
ISO9001 / ISO 9001 FAQ

ISO9001チェックリストの審査はどのように行うのですか?

ソーシャルメディアで共有する

ISO9001のチェックリストの監査は、組織の品質マネジメントシステムが規格に適合していることを確認するプロセスである。監査は、システムが有効であり、規格に適合していることを確認するために、定期的に実施する必要があります。

ISO 9001チェックリストの監査の最初のステップは、組織の品質マネジメントシステムマニュアルを確認することです。マニュアルには、組織が規格の要求事項を満たすために導入した方針と手順が記載されている必要があります。

次に、監査人は、組織の品質記録を見直し、それらが適切に維持されていることを検証する必要があります。記録は完全かつ正確でなければならない。

最後に、監査人は、組織の従業員にインタビューを行い、品質マネジメントシステムマニュアルに記載されている手順に従っていることを検証する必要があります。また、監査人は、組織の業務を観察し、手順書に従って実施されていることを検証する必要があります。

監査は、公平で客観的、かつ専門的な方法で実施されなければならない。監査人は、監査対象の組織と金銭的または個人的な利害関係を持つべきではない。

ISO9001のチェックリストを監査する場合、監査の目的を念頭に置くことが重要です。ISO9001の監査の目的は、品質マネジメントシステムが規格の要求事項に適合していることを確認することです。つまり、監査人は、品質マネジメントシステムの文書に品質マネジメントシステムが正確に記述されているか、また、文書に記述されたとおりに品質マネジメントシステムが遵守されているかを確認する必要があります。

また、監査人は、監査中に発見された不適合に注意を払う必要があります。不適合は、その重大性により、重大と軽微に分類されます。重大な不適合とは、品質マネジメントシステムの失敗につながる可能性があるもので、軽微な不適合とは、重大性が低く、品質マネジメントシステムを失敗させる危険性がないものです。

監査終了後、監査人は監査結果の報告書を組織に提出する必要があります。報告書には、発見された不適合と、それを是正するための推奨事項を含める必要があります。組織はこの情報をもとに、品質マネジメントシステムを改善することができます。

ISO9001システムを審査するために、審査員はまず、規格の要求事項を熟知する必要があります。次に、品質マネジメントシステムの文書を見直し、そのシステムが正確に記述されていることを確認する必要があります。また、監査人は、品質マネジメントシステムが文書に記載されたとおりに実施されているかどうかを確認する必要があります。

不適合が見つかった場合、監査人は、その重大性に応じて、主要なものと軽微なものとに分類する必要があります。そして、発見された不適合とその是正方法の推奨事項を含む調査結果の報告書を組織に提出しなければなりません。


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ISO9001の導入方法 決定版

の決定版です。

ISO9001 2015の導入方法について

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。