Top 4 Powerful Audit Defect Control Strategies</trp-post-container

監査終了後の不具合の管理・改善方法 Fin
ISO9001 / 品質保証

強力な監査欠陥対策トップ4

ソーシャルメディアで共有する

はじめになぜ監査後の不具合管理が重要なのか?

A 品質監査 は、品質マネジメントの最も重要な要素の1つです。システム、プロセス、製品を評価することにより、品質管理手順の有効性を判断するのに役立ちます。

監査には、内部監査と外部監査がある。外部監査は独立した第三者によって行われ、内部監査は評価対象の組織内の従業員によって行われる。

品質監査の主な目的は、組織のマネジメントシステムの欠陥を特定し、改善のための提言を行うことである。これは、プロセスマッピング、従業員インタビュー、顧客調査、文書レビューなど、さまざまな手法によって達成される。

製品が仕様を満たしているかどうかを評価するのではなく、製品ごとに仕様が正しく守られているかどうかを評価し、一貫性を確保するものであり、検査とは根本的に異なります

監査上の不備の主な原因 - 改善すべきはどれか?

不具合の主な原因は、機能要件、非機能要件、実装の問題に分類される。

機能要件とは、あるシステムがどのように動作すべきかという仕様のことです。非機能要件とは、システムが正しく動作する以外に、どのように使われるべきか、何をすべきかという仕様であり、監査後の不具合の管理・改善方法である。実装上の問題とは、機能要件や非機能要件の実装に問題があり、性能が低下したり、バグが発生したりすることです。

欠陥はどのような業界、企業においても非常によくあることです。あまり知られていないかもしれませんが、そもそもなぜ発生するのでしょうか。これには多くの要因があります。そのいくつかを以下に説明します。

どのような業界でも、不具合はつきものですが、その特定が困難な場合が少なくありません。この記事では、これらの問題の多くの原因について説明します。

どの業界においても、不良の原因として最も多いのはヒューマンエラーです。人間は、生産に関してミスやエラーを起こしやすいものです。製造業の立場から言えば、製品を組み立てる際に適切な安全手順や仕様に従っていない作業者が原因であることが多いのです。

どの業界においても、不良の原因として最も多いのはヒューマンエラーです。人間は生産に関わるとき、ミスやエラーを起こしやすいものです。製造業の立場からは、作業者の疲労、判断の曖昧さ、精神的な余裕のなさなどが原因であることが多いようです。

監査上の欠陥を改善する最善の方法とは?

欠陥の監査は、面倒で時間のかかる作業である。監査役は、文書の誤りを見つけるために、一つ一つ確認しなければなりません。レビューソフトは、このプロセスをスピードアップし、より多くの欠陥を発見するのに役立ちます。また、一貫性のチェック、重複の発見、その他の種類のエラーを簡単に発見することができます。

-その特定の種類の監査の専門家であるチームメンバーに作業を委ねる。

-1度に1つの不具合に集中し、それを修正する。

-すべてのエラーを修正してから、次のエラーに移るようにしてください。

-解決策に迷ったら、プロの監査役に相談してください。

1.すべてのプロセスとシステムの徹底的な見直しの実施

効果的な監査を行う上で、最も重要なことの一つは、すべてのプロセスとシステムを徹底的に見直すことです。そうすることで、弱点や改善の可能性がある領域を特定することができます。時間をかけてビジネスのあらゆる側面を見直すことで、監査が可能な限り包括的かつ効果的に行われるようになります。

2.効果的なコントロールの実施

改善すべき潜在的な領域を特定したら、効果的な管理体制を整えることが重要です。これには、新しい方針と手続きを導入することも、既存のものを変更することも含まれます。どのようなアプローチを取るにせよ、特定された弱点に関連するリスクを効果的に軽減するような統制が設計されていることを確認することが重要である。

3.定期的なテストの実施

統制が有効であることを確認するためには、定期的なテストを実施することが重要です。これにより、改善すべき領域を特定することができ、また、統制が意図したとおりに機能しているかどうかを確認することができます。定期的なテストを実施することで、監査が可能な限り効果的であることを確認することができます。

4.経営層とのコミュニケーション

効果的な監査を実施するためのもう一つの重要な側面は、経営陣とのコミュニケーションです。このコミュニケーションには、監査の結果についての議論や、改善のための推奨事項が含まれていなければなりません。経営陣とコミュニケーションを取ることで、監査プロセスや効果的な統制を実施することの重要性を認識してもらうことができます。

これらの4つの強力な監査欠陥管理戦略に従うことで、監査が可能な限り効果的であることを確認することができます。時間をかけてビジネスのあらゆる側面を見直し、効果的なコントロールを実施し、定期的にテストを行い、コミュニケーションをとることで、監査はより効果的になります。

おわりに監査後の不具合を管理・改善する方法、簡単なステップをご紹介します。

レビューは、ビジネスのほとんどの分野で利用されている重要な機能である。組織内に存在する可能性のあるリスクを特定し、評価するために実施され、また、利用可能な資源で目的を達成できるかどうかを評価するために役立つ。

簡単なステップで改善できる方法はたくさんあります。自動チェックリストのようなツールの使用、自己レビューの実施、チームプロセスの確立など、さまざまなステップを踏むことができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。 ブログページ.


ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ISO9001の導入方法 決定版

の決定版です。

ISO9001 2015の導入方法について

お客様の情報は、第三者に提供されることはありません。