HACCP プランはどのように書くのか</trp-post-container

HACCPプランの書き方は?
HACCP

HACCPプランの書き方は?

HACCPプラン - 今回は、「HACCPプランの作り方」について説明します。 HACCPまたはハザード分析および重要管理点計画.

1.はじめに

HACCPは、国際的に認められた食品安全マネジメントシステムの一つであり、現在、食品業界の多くの企業で広く採用されています。HACCPは、農場から食卓まで、指定されたハザードを効果的に監視・管理するための統合システムである。 HACCPはシステムです モニタリング、検証、是正処置を組み合わせて食品安全上の危害を管理することに重点を置いているもの. HACCPは概念であり、単なる技術や手順ではありません。 それは、積極的に行動することであり、さまざまな側面からプロセスステップに関連する食品安全のリスクを理解し、含めることです。

また、HACCP計画は、私たちが何を行っているかをよりよく理解し、パフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

2.HACCPプラン

HACCP計画には以下のようなものがある。

a.ハザードの特定とリスクアセスメント
b.制御機器
c.管理策実施後のモニタリング手順。
d.管理措置の有効性の検証
e.是正措置。
f.各工程の記録と報告書。
g.研修・教育など

3.HACCPプランの構成要素

ハザードの特定は、ハザード分析および重要管理点計画の最初のステップである。ハザードの特定は、製品、プロセス、またはサービスに存在する可能性のあるハザードの種類、原因、および条件を評価する科学的なプロセスとして説明することができる。 ハザードとは、人(食品消費者)又は動物(食品生産者)に危害を及ぼす可能性のあるものであると言える。ハザードの特定は、HACCPプランの開発の最初のステップであるため、重要な活動である。 ハザードの特定は、ハザード分析と重要管理点計画の最初のステップであり、これが特定の重大なハザードに対処するための基礎となります。

そのプロセスの第二段階がリスク評価です。リスク評価とは、あるハザードが人間や動物に害を及ぼす可能性があるかどうか、また、その害が発生した場合にどの程度の大きさになるかを判断することです。あるハザードによる怪我や死亡が多ければ多いほど、そのハザードは重大なリスクとみなされます。これは人間にも動物にも当てはまります。

リスク評価で注目するのは、人、特に子どもたちの被曝量です。 と妊婦は毎日、食事で潜在的に有害な化学物質にさらされています。このため、妊婦はアルコールや薬物の摂取量を監視されていますが、これは一部の物質が胎児に害を及ぼす可能性があることが分かっているからです。

3つ目のステップは、リスク分析です。 には、重要管理点(CCP)の主要な部分が含まれています。重要管理点とは HACCPの重要な要素である を計画しています。 これは、汚染されていないか、仕様に適合していないか、頻繁にチェックする必要があるポイントのリストです。

最後に検証を行います。 これは、CCPが指定された仕様になっているか、期待通りに動作しているかを確認するものです。 検証により、食品産業における重要管理点の有効性と効率性を評価することができます。

製品がどのように仕様に到達したかを示すモニタリング結果の例として、「ウォーターフォール図」がある。ウォーターフォール図とは、モニタリングデータをグラフにプロットしたもので、1つのデータポイントが製造工程の1ステップ(複数可)に対応している。各工程において、測定器がどの程度機能しているか、正しく機能しているか、時間の経過とともに化学物質が混入するとどうなるか、などを見ることができる。

4.最終コメント

HACCPシステムは、農場から食卓まで、特定のハザードを効果的に監視・管理できるため、さまざまな食品業界の多くの企業でHACCPプランが採用されています。結局のところ、今日の食品業界には類似のシステムがありません。これが、今日、多くの企業で普及している理由です。もしあなたが食品産業に携わっているのであれば、HACCPプランを利用して、ビジネスを優位に進めることを強くお勧めします。

ソーシャルメディアで共有する

あなたの想いをここに

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です